お金のプロに家計の悩みを相談!FPって何?

FPの資格について

スーツの男性

FPは級によって区別されており、3級よりも2級、1級の方が上位の資格です。 それに伴い知識量や、対応出来る仕事内容も変わってきます。

ここまではある程度知られている方も多いかもしれません。 しかし、FPは国家資格と民間資格があるというのはご存知でしょうか。

 

そもそもFPは国家資格として生まれたのではなく、民間の資格として生まれたのが始めです。 後々国家資格のFP、つまりFP技能士が誕生しました。

内容、知識的には大きな差はありませんが、やはり、現在では国家資格が主流となっています。 資格を発行、承認している機関も違いますし、制度も違います、

例えば、国家資格であるFP技能士は取得してしまえば基本的に更新は必要ありません。 剥奪されることがなければ一生涯FP技能士を名乗ることが出来ます。

反対に民間のFPの資格は更新という概念があります。 おおよそ2年に一度講習などを受けれなければなりません。

 

つまり、逆を言えば更新しなければ無効化してしまう資格なのです。 それだけ定期的に勉強を行い、知識を更新するということなので、ある意味こちらの方が実用的なのかもしれません。

ちなみに民間のFPの資格は日本のみのものと、国際的に通用するFP資格の2通りがあります。 どちらも発行している機関は同じですが、別々に取らなければなりません。

国際的に使えるFP資格も定期的に講習などを行わなければなりません。 FPの方を判断する際に3者とも資格を持っている人であれば、相当なエキスパートかもしれませんね。

Copyright(c) 2018 お金のプロに家計の悩みを相談!FPって何? All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com